社員教育の実例と資格

資格取得と社員教育

教育を受け、学んだからには、さらなる高みを目指したい。もっと深く学びたい。そう思う社員のために、会社が資格取得を支援することも多い。金銭的な支援、環境的な支援、精神的な支援がある。

例としては、指定された教育機関で研修を受けると、費用が割引になる、資格取得によって賃金が上がる、社の経費で教材を揃えた資料室がある、資格試験の日程に合わせたシフト調整が可能であるなどが挙げられる。また、直接的なものではないが、託児所などの福利厚生が整った環境だと、学習がしやすい。

資格取得に有利な環境であるということは、企業が求人をする際に大きなアピールポイントになる。求人広告などを見ると、「資格取得支援あり!」などのコピーが欄の片隅に載っていることが多い。初等資格が必要な職場の場合は、上級資格取得支援や、職員の中の資格所有率を前面に押し出すことがある。

社員が資格を有することのメリットは、顧客に、専門性、信頼性をアピールできること、自尊心などから社員のモチベーションが上がること、それによって全体士気が高まること、、次の指導者を育てられることなどがあげられる。

資格によっては、販売法の順守など職業倫理に対する誓約書が必要なものもあり、ノルマ志向の企業では、販売員が誓約事項とノルマとの板挟みになることがある。例として、自分は特をするのだと思い込ませる有利誤認表示、実際には価値のない品を価値のものだと思わせる優良誤認表示などが現場で常態化している職種も多くあるが、本来はそういった現場にこそきちんとした指導者が必要なのであることは明白だ。