「社員教育は企業の質を決める」

社会の風潮が変わっても、社員教育は必要だと考えている企業は少なくありません。

社員の質は、企業の質を決める大切なものです。

でも、本当に実のある社員教育をするためには、教育する側が、その利点を理解している必要があります。

なぜ社員教育は必要なのか。今一度、確認しておく必要があるでしょう。

 

社員教育の意義とは、以下のようなものです。

・能力の向上、優秀な人材が育つ
社員一人一人の能力を高めると、企業全体の生産力が向上します。 また優秀な人材は、向上心が高く、自己成長が望める環境を好むものです。優秀な人材の流出を防ぐためにも、教育は必要なものです。
・企業理念や方針が浸透する
企業理念および方針は、企業の方向性を示すものです。これらを理解させ、末端まで浸透させることは、企業が生き残っていくうえで重要なことです。 複雑化するビジネス環境において、社員ひとりひとりが主体的に判断するケースが増えています。そのような場面でも、企業理念や方針が浸透していれば、問題になる判断をしてしまったり、問題を隠蔽したりといったことがなくなります。
・対外的な信頼の獲得につながる
社会生活に欠かせないビジネスマナーを身につけた社員が増えると、企業全体の印象が良くなり、対外的な信頼の獲得につながります。 ビジネスマナーが身についているかどうかは、欠勤・遅刻や挨拶など社内の問題だけでなく、取引先などとの行動にも表れます。 企業内のルールや指導体制が整っていないと、軽率な行動により企業の信頼が失われることになります。教育には、規範を守る意識も盛り込まれるべきです。

個々の能力ごとに評価する機会が増え、終身雇用は崩壊したように思える現代の企業においても、社員の質はそのまま企業の質ととらえられることが多いものです。

以上のことから、社員教育は企業にとって命題であり、一時的な経費でなく投資として考えるべき問題であることが分かるでしょう。

 

「業種によって必要な教育は違う」

ひとことで社員教育といっても、その内容は業種・職種によって千差万別です。

基礎的なルールやマナーについては同じでも、接客業には接客業の、製造業には製造業の、必要な知識やスキルがあるものです。

接客業なら、敬語は必須ですし、サービス業に従事している意識、クレームに対する対応など、対人スキルが必要になります。

製造業なら、技術や技能の習得はもちろん、安全管理についても、意識が必要です。

同じ業種でも、規模や社員数、個々が担う仕事の量によって、必要なことは違ってきます。個人の性格、向き・不向きも視野にいれるべきでしょう。

新入社員と中堅社員では求められるスキルも違いますし、管理職となればまた、内容は変わってきます。

考えれば考えるほど、社員教育とは奥が深く、また難しいものであることがわかります。

まずは、教育を行う部署や立場の人間が、自社のどの層の社員に、どのような教育が不足しているかを把握することが必要といえます。

 

「精神的なことが、実は一番難しい」

知識やスキルは、一定期間勤めていると、ある程度の水準には到達するものです。

しかし、社員として求められる一番のこと、精神的なものは、外から教育するのが一番難しいものでもあります。

精神面の社員教育は、企業によって熱心におこなっているところと、まったく行われていないところに分かれているようです。

接客業・サービス業においては、もはや常識といえるホスピタリティにおいても、今や業種に関わらず必要なスキルとされています。

マニュアルではなく、この製品を使う人、サービスを受ける人に、利便性を与えおもてなしの心で仕事にあたることで、企業の質を高めることが出来ると考えられているのです。

こういったことは、マニュアルで教えるのは難しいもの。

また、先輩・上司といった立場の社員が教えることで、後輩や部下との間に齟齬が生まれやすいものでもあります。

そういった内容こそ、社員教育のプロにまかせるべきではないでしょうか。

難しい内容だからこそ、押し付けられていると感じさせず、自覚的に企業の一員であるという意識を持たせるには、しっかりしたプログラムにそった教育が必要です。

企業の質を高めるべく、社員教育を考えるなら、精神的な教育が一番難しい、という意識はもっていた方が良いでしょう。

 

※押さえておきたいホームページ※

印象アップ!魅力的な声の出し方

社会人たるも中身も大事だけど印象も大事。声も出し方を意識するだけで・・・